ご予約

電話番号


目の病気について

HOME > 目の病気について > ぶどう膜炎

ぶどう膜炎

ぶどう膜とは眼球の中間位置にある茶色い膜である虹彩、毛様体、脈絡膜の3つをまとめた総称です。眼球全体を包み込み、血管が豊富な組織で、網膜への栄養補給やピント調整、房水の産生などの役割を担っています。血管が多いため、感染やアレルギー反応で、炎症が起こりやすくなります。
代表的な病気として、サルコイドーシス、原田氏病、ベーチェット病の3つがあげられますが全身性の病気の合併症や原因不明のものも数多く存在します。
治療は炎症を抑えるステロイド剤の点眼や内服が基本です。感染が原因の場合は、抗菌薬を併用します。ぶどう膜炎の変化は起こりやすいため、発症時期や症状に合わせて、迅速な治療が求められます。症状が改善しにくい場合や再発を繰り返す場合は、急激に視力低下につながることもしばしば見られます。
外来だけの治療では治らずに、入院の治療が必要になることもあります。 



gototop