ご予約

電話番号


目の病気について

HOME > 目の病気について > まぶたの病気

まぶたの病気

まぶたの病気とは

まぶたの病気(眼瞼疾患)として手術が必要になる方は、眼瞼下垂と内反症が多いため、この2つについて説明します。

 

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは上のまぶたが開きづらい状態のことで、症状として、視野が狭くなったり、物を見るときにまぶたをあげようとして疲れたりすることがあります。皮膚が弛緩したり、まぶたをあげる筋肉の組織がのびてゆるんでいたり、もしくはまぶたをあげる筋肉自体の働きが弱っている事によっておこります。生まれつきのものや加齢に伴うもの、コンタクトレンズの長期使用によるものなどがあります。皮膚のたるみを取ったり、ゆるんだ組織を縫い縮めたりすることで、まぶたをあげやすいようにします。

 

網膜剥離

次に内反症ですが、これはまぶた、もしくはまつ毛の生える向き自体が内側を向くために、まつ毛が眼表面を刺激するもので、症状として目の痛みや違和感が生じます。原因として生まれつきのものや、加齢に伴うものがあり、上下いずれのまぶたにも起こります。いずれにおいても、まぶたの組織を縫い縮めて、睫毛が外に向くようにして治します。手術で切開した部分は二重瞼(二重まぶた)になります。まつ毛の近くを切開することによりなるべく目立たないようにします。

 



gototop