ご予約

電話番号


目の病気について

HOME > 目の病気について > 眼底の病気

眼底の病気

 

糖尿病網膜症

糖尿病にかかって、すぐ目に異常をきたすわけではありません。糖尿病と診断され、網膜症になるまで数年から10年くらいかかることが分かっています。
重症な糖尿病網膜症になって、失明したり失明の危険が迫っている患者さんは、全糖尿病患者さんのうち20%くらいと推定されます。
病気の進行は前期(単純期)、中期(前増殖期)、後期(増殖期)の3期に分かれています。
前期の時は、特に治療する必要はありませんが、中期になると病状進行を防ぐために、レーザー光凝固術の治療が必要になります。この時期を逃さないことが治療のポイントとなります。レーザーを受けたからといって視力が良くなることはありません。しかし、網膜症の進行をくいとめるための最も有効な方法です。
後期になると硝子体出血網膜剥離をおこします。こうなると失明の危険性がありますので、手術が必要になります。手術によっておよそ80%が治りますが、完全な視力の回復は難しいのが現状です。
糖尿病と診断されたら必ず眼科医の管理を受けて下さい。 

飛蚊症

目の前を小さなものがチラチラして、ちょうど蚊が飛んでいるように見えるのを、飛蚊症(ひぶんしょう)と言います。これは、実際に細かいものが目玉の中に浮いて動いているのです。
その原因は色々ですが、多くの場合は硝子体剥離(しょうしたいはくり)といって、硝子体という目玉の中身が、そのすぐ外側の網膜から離れてしまったのです。
硝子体は、ちょうど卵の白身のような透明なものです。この硝子体は、誰でも年を取るにつれて縮もうとする傾向がありますので、硝子体剥離は大変多いものです。ただ大抵は硝子体と網膜はうまく離れて、真ん中の取り付け部分だけが分厚いので、明るいところではその影が自分に見えて、チラチラするだけで済みます。これは何も害がありません。
ところが100人に数人位、硝子体が縮む時、網膜からうまく離れないで、網膜の一部を引きちぎる事があります。洋服の鈎裂きのようなものです。これを網膜裂孔(もうまくれっこう)といいます。網膜裂孔をそのままにしておくと、網膜剥離(もうまくはくり)という大変怖い病気になりやすいのです。従って飛蚊症が出てきたときは、網膜に穴があいてないか、詳しく調べる必要があります。

網膜剥離

網膜剥離とは、網膜に穴(裂孔)ができて、その穴から眼内の水が網膜下に入り込み、網膜がはがれてしまう病気です。
飛蚊症に伴うもの、眼球を打撲したとき、まれに生まれつき薄かった網膜に孔ができることもあります。
網膜裂孔(網膜剥離の前段階)のみの場合は、網膜レーザー光凝固術を行います。レーザー凝固術とは、網膜裂孔周囲にレーザー光を当て、瘢痕を作り、裂孔を閉塞することです。レーザー治療自体は10分程度で、あとは通院治療となりますので患者さんの負担を著しく軽くします。既に、網膜剥離を起こしてしまった場合は、入院しなくては手術できません。手術そのものも大がかりになります。治療が遅れると病状をこじらせますので、やはり早期発見、早期治療が一番大切です。
また、網膜剥離となる原因は、硝子体剥離、網膜格子状変性の他、糖尿病網膜症、ぶどう膜炎等があります。このような場合は原因となっている疾患の治療を行います。

網膜静脈閉塞症

高齢者に多い病気ですが、加齢に伴う動脈硬化が進行すると、硬くなった動脈が静脈を圧迫して静脈の血流を遮断したり、部分的に閉塞したりします。時間が経つと末梢の静脈圧が異常に高くなり、その流域の網膜に出血が起こります。血管閉塞の部位で網膜中心静脈閉塞症と網膜静脈分枝閉塞症に分類されますが、血管閉塞が網膜の中心部(黄斑部)に及ばない場合は無症状であることも多い。黄斑部に血管閉塞が及びますと、黄斑浮腫、黄斑出血が生じますので、視力が著しく低下します。治療はまず、網膜循環改善薬や血管増強剤の内服を行います。効かなければレーザー治療が必要となります。

レーザー治療の目的は、急性期では、網膜出血や網膜浮腫の吸収促進による病期の短縮で、慢性期では、新生血管の増殖変化や緑内障の予防および抑制です。すでに黄斑部(視力の中心部)に出血や浮腫がある場合は、視力予後は良好とはいえません。また、レーザー治療後に中心視力が回復した場合でも、ある程度の変視症(物がゆがんで見える)や、網膜感度の低下(比較的暗く見える)が残ることもあります。原因によって、しばしば再発することもあります。定期的に眼底検査が必要です。
最近では黄斑浮腫に対して血管増殖を抑える薬剤の眼内への注射が行われるようになりました。当院では京大病院との連携で治療に取り組んでいます。



gototop